プロフィール


高野太吾"Takano Daigo"

生年月日: 1988年7月26日
出身地: 北海道函館

大門横丁公認パフォーマー

公立はこだて未来大学奇術サークル初代部長

 

 

STORY:

小学3年の時にマジックと出会いマジックを始める。

2010年3月からcafe enにてマジック教室開始。

マジック教室が北海道新聞「みなみ風」で紹介され、様々な所から声が掛かるようになる。

 

2009~2011年まで函館マジッククラブに所属。

 

2011年から大学院へ進学。

2011年6月に公立はこだて未来大学奇術サークル設立。奇術サークル部長就任。

2011年8月から大門横丁公認マジシャンとなる。

2012年9月にwowwowで放送のドラマ「尋ね人」のワンシーンを監修 

2013年6月にメイツ出版より全国書店で「必ずウケるカードマジックベスト50」が発売。副監修を務める。 

2013年4月から一般企業に就職。

2017年、地域密着型マジシャンとして本格的に活動。

 

出演歴は累計150件を超える。

 

マジックは緩いトークと緩い雰囲気で楽しく見て参加出来るスタイル。

真面目なマジックの合間に冗談を言ったり、お客さんに参加してもらい、お客さんを含め、皆でショーを作り上げていく。

 

 

 

コメント:

マジシャンは夢を売る仕事だと思っています。

ショーの後には、それぞれのお客様の心に何か夢が残ってくれると良いなと思いながらショーをしています。

そして、自分のマジックで函館を盛り上げていきたいと思っています。

 

 


好きなこと:
マジック、釣り、ストリートダンス、アニメ観賞

 

リンク:

twitter:  http://twitter.com/daigo_fd2

blog: http://ameblo.jp/daigo-fd2/

 

メディア:

・副監修をした必ずウケるカードマジック ベスト50が全国書店で発売

・WOWWOWドラマ「尋ね人」のマジック監修

・函館新聞に五稜郭タワーのイベント紹介

・NCVでイベントのCM放送

・ステップアップに対談が掲載

・ホテルディナーショーの広告が北海道新聞に掲載

・北海道新聞みなみ風 インタビュー、マジック教室掲載
・NHKの市内ニュースとしてマジッククラブの発表会の紹介
読売新聞折り込みにインタビュー掲載

函館新聞&みなみ風に掲載

・NCVにて児童館のマジックショーの様子を放送

・北海道新聞折り込みの「ちいき新聞ふれあい」に児童館のマジックショーについて掲載

・北海道新聞みなみ風にホテルでのイベントの告知掲載

・フリーペーパーjamにインタビュー掲載

 その他多数